葉酸を飲む期間について!いつからいつまで摂取するのが良いか

MENU

葉酸はいつからいつまで摂取するのが良いの?妊娠前から卒乳まで

葉酸,いつから,いつまで,摂取

近年、妊娠中に摂取すべき栄養素として注目されているのが葉酸です。
おなかの赤ちゃんはお母さんからの栄養で成長していきます。

 

特に妊娠初期は、脳や神経器官などの人間の大切な器官を作る時期です。
その時期に葉酸が不足してしまうと、神経管閉鎖障害という障害を持って生まれてくる確率が高くなってしまうのです。

 

神経管閉鎖障害とは、脳や脊髄を作る元になる神経管と呼ばれる管状の細胞の一部が塞がり、
脳や脊髄が正しく成長できなくなる障害であり、この障害を持って生まれると一生治療が必要になってしまいます。
葉酸はそういった器官形成に大きく影響するものなので、しっかりと摂取する必要があるのです。

妊娠を望んだときから摂取するのが正解

いつから葉酸を摂ればいいかということは、妊娠前から摂るのが良いと言えます。
赤ちゃんを迎える母体にも良い環境が必要です。
妊娠を望んだら積極的に摂ることを心がけます。

 

そして、妊娠初期まで摂ればいいとうことでもありません。
いつまで摂取すべきかということにおいては、卒乳するまでが理想的です。
葉酸は新しい細胞を作るために必要な核酸を作ることに必要な栄養素なので、赤ちゃんがおなかにいる間はずっと必要なものなのです。

 

また、出産後は授乳を通して赤ちゃんに与えることができます。
健康な赤ちゃんを育てるために、母親は葉酸をしっかり摂って赤ちゃんに与える役割があるのです。

葉酸は食事だけで足りない場合はサプリメントで補いましょう

葉酸の多い食べ物としては、

  • 納豆
  • ボチャ
  • ホウレンソウ
  • ブロッコリー

などがあります。
しかし、食べ物だけでは摂取できない場合は、サプリメントで補う方法もあります。
サプリメントならいつでもどこでも手軽に飲めるので、近年その方法をとる人は多くいます。
その場合には、無添加の天然素材のものを選ぶと母体にも赤ちゃんにも良いです。

【葉酸サプリ】と妊活サプリ】効果とコストを考慮したおすすめ特集

葉酸サプリ

【葉酸サプリ】葉酸の効果とコストを考慮した総合ランキングはこちら

妊活サプリ

【妊活サプリ】葉酸も含んだ効果とコストを考慮した妊活サプリはこちら