妊娠中の葉酸欠乏の原因と影響を徹底解明

MENU

妊娠中の葉酸欠乏の原因と影響

葉酸欠乏,原因,影響

妊娠中の葉酸欠乏は、

朝なかなか起きることができない

立ちくらみがする

気持ちが塞ぎがち

などの状態になることがあります。

 

葉酸は体にとって必要な栄養素で特に妊娠中は葉酸欠乏が起こりやすい状態です。

  1. 日頃から緑黄色野菜や柑橘系の果物、納豆などの大豆製品を食べる機会が少ない
  2. 外食やインスタント食品を食べることが多い
  3. 喫煙、飲酒する機会が多い

などの環境は、日頃の食生活で葉酸が摂取できておらず体内の葉酸を排出している可能性が高く、葉酸欠乏の状態にあります。

葉酸欠乏になる原因とは
胎児の成長に栄養が取られる

妊娠中の葉酸欠乏の状態になる原因には、お腹の赤ちゃんの脳や脊髄、
他の臓器の成長や血液をつくるために葉酸が消費されることから葉酸欠乏が起こりやすくなります。

便秘による腸内環境の悪化

また、便秘になり腸内環境が悪化することも葉酸欠乏に影響しています。
葉酸を含むビタミンB群は、腸内細菌で供給され腸内環境が悪化すると、
腸内細菌が本来の働きができずに葉酸などのビタミンB群の供給が行なわれにくい状態になるのです。
腸内環境が悪化する原因には便秘の他に、

  1. 水分不足
  2. 鉄剤の服用
  3. ストレス
  4. 運動不足

などが影響します。

その他

他の原因には遺伝で生まれつきによる吸収阻害や、アスピリンが含まれる薬剤も葉酸の吸収を阻害します。

母体への影響

葉酸が欠乏することで母体が悪性貧血になるリスクが高くなります。
また、動悸息切れ疲労感などの症状があったりもします。
葉酸はメンタルヘルスとの関係が深いため不足すると不眠うつ症状が出やすくなります。
精神安定につながる体の神経バランスを整えるためにも葉酸の摂取が必要になってくるのです。

胎児への影響

葉酸欠乏による胎児への影響は、、神経管閉鎖障害が心配されます。
神経管閉鎖障害は妊娠初期の脳や脊髄が作られる過程で起きるものです。
不足すると死産につながる恐れもあったり、無脳症歩行障害などにつながることが考えられます。

【葉酸サプリ】と妊活サプリ】効果とコストを考慮したおすすめ特集

葉酸サプリ

【葉酸サプリ】葉酸の効果とコストを考慮した総合ランキングはこちら

妊活サプリ

【妊活サプリ】葉酸も含んだ効果とコストを考慮した妊活サプリはこちら